投稿|TOMAコンサルタンツ

無料相談はこちら 0120-944-533
お問い合せ
文字サイズ
-
+

藤間秋男の元気が出るブログ:明るく楽しく元気前向き情熱ありがとう通信

『自分探しは、しなくてもいい。』第2753号


現在の自分をつかむためには、
与えられた現実に対して湧いてくる疑問や異和感を通してしかありません。

「何がしたいかわからない」というときは、自分自身が、
自分を抑圧して、自分が出せないという状態。

本能の自分を理性の自分がコントロールする2元論的生き方は、人間らしい生き方ではありません。

本能・感性から湧きあがってくるものを、理性を使って、いかに人間らしく、人に迷惑をかけず、
人の役に立つものにしながら、やりたいことをするかが、人間らしい生き方です。

現実は、他人によって作られた社会です。
ものごころついたときから、その社会に何の疑問も感じないということは、
その人間には、自分らしさがない、個性がないということです。

まったく不満も疑問も感じないときは、まだ個性が磨きだされていないか、
学校教育において感性が抑圧され、規制の固定観念、知識だけを与えられ、
保守的な精神性に馴らされてしまっているからです。

自分が出てくるようになれば現実のいろいろなところに疑問や納得できないことが感じられてきます。

その感覚が、「現実の自分」です。

この現実に対して「ちょっとおかしい」という疑問や異和感を感じることが大切なのです。

これが固定観念を打破するキッカケなのです。

ほんとうに自分は、理性ではつかめません。

感性の実感という理屈を超えた方法でしか自分をつかめません。

異和感を感じるところに、自分の使命がありのです。

自分探しは、する必要はありません。

ほんとうの自分とは、今日これからつくられていく自分なのですから。

(芳村思風)

無料相談のお申し込み:お客様一人ひとりにあったご提案をいたします。(0120-944-533)

【TOMAコンサルタンツグループについて】180人の専門家が企業の経営をサポートする「TOMA ワンストップサービス」

ページの先頭へ戻る